凪さの島々

沖縄諸島の歴史,生活文化,自然,伝統工芸,伝統音楽を見聞する.

宮古諸島/多良間島の八月踊り

美ら島沖縄
     ( 画像; 多良間島の八月踊 り )
八月踊り
【 沖縄の祭り 】
宮古諸島/多良間島の『 八月踊 り 』を探訪しましょう。

〓 多良間島の沿革 〓
多良間島は、宮古諸島圏域に帰属している。
8つの有人島から成っている宮古諸島の最南西に位置している。
※ 多良間島
多良間島(たらま/面積;19.75k㎡人口;1,300人余)は
宮古島の南西方向約67㎞ 石垣島の東北東方向約35㎞に位置する。
宮古島と石垣島とのほぼ中間に位置し、周囲約30kmほどの平坦な島である。
宮古島からの交通アクセスは、双発プロペラ機で25分である。
海岸線は自然の真白な砂浜が点在し、村落は全体的に濃い緑に包まれて「福木の里」とも呼ばれる。
住民達は悠々の時を長閑に暮らしている。

〓 八月踊り 〓
毎年 旧暦8月8日から3日間にわたって【 豊年祭り 】が催行される。
その昔、島の住民達は「皆納祭り」「八月御願 」とも呼んだ。
祭り期間には、御嶽広場で住民達による【 八月踊り 】が演じられる。
八月踊りでは、地元伝来の地唄や踊りに加えて、琉球王府の宮廷芸能であった「組踊り」や「舞踊」など多数の演目が披露される。
その芸技の運びは、琉球王國時代の宮廷芸能を今に伝える一大絵巻の如きであるとも云われる。
※ 八月踊りにみる組踊りや古典舞踊
近年では、八月踊りの演目で「組踊りや古典舞踊」が演じられるようになった。 その演舞は、琉球王國時代の宮廷芸能であった。
海外交易の収益で財政豊かにあった王府は、直属の芸人・職人を育成して、司事や賓客歓待などで仕わせた。
明治代になって琉球王國は幕を閉じることになり、それまで宮廷内に留まっていた諸々の芸能が庶民にも触れる事ができるようになった。
(宮廷内で演じられた音楽や舞踊を「古典音楽」「古典舞踊」と称する)

琉球王國閉幕以降から、多良間島の住民達は、組踊りや舞踊などの宮廷芸能を八月踊りの演目に組み入れるようになった。
本来は厳格・優美に演じられる宮廷芸能であるが、島民の生活感や楽天性を滲ませて織り込んだ八月踊りでの芸技は呼び物となっている。

◆ 皆納祭り
その昔、多良間島の豊年祭りは「皆納祭り 」と呼ばれた。
重税納付のために、住民達は日々過酷な労働を強いられた。
住民達は毎年の旧暦7月までに穀物を収穫して、負担税を皆納する事に努め、翌8月には村落の御嶽庭に集って、皆納の御報告と御礼を奉じた。 そして、来る年の豊作を祈願した。
その場では、御嶽の神前で「奉納踊り」を舞うのが儀典となっていた。
住民達が日常の辛苦を御神酒と踊りで癒される唯一の時間であった。
時を経るにつれて、地元伝来の地唄や踊りが演目に加えられるようになって、厳かながらも賑わいのある年中行事の祭りとなった。

〓 豊年祭りが*皆納祭り*とも呼ばれた所以 〓
海外交易から得る莫大な収益を基にして、豊かな経済運営を図ってきた琉球王國は、薩摩藩の侵攻支配に因り、政治的経済的な困窮状態に陥る事になった。
以降、270年間も市民生活は過酷な労苦を強いられ続けることになる。
※ 琉球王國の全島平定
統一琉球王國は、初代国王:尚 巴志(しょうはっし/1429年即位)から
25代目国王:尚 泰(しょうたい/1879年退位)までの約450年間の長期にわたる王位体制であった。
王位体制創設当初の統括領域は、沖縄本島のみであった。
9代目国王:尚 真(しょうしん/1477~1526年)の代に、宮古・八重山諸島及び周辺離島をも平定して直接統治するようになった。
ここに至って、琉球王府を頂天とする中央集権国家が完成した。
※ 琉球王國の繁栄
国家的一体化を進めながら、中国、日本、朝鮮、タイなど東南アジア諸国との仲継交易を展開して海洋王国構築への道を推進した。
仲継交易が莫大な財力を生む事に成功して、経済的・政治的に安定した国体維持を図り続けた。
王府には交易に係わる賓客や使節団などが度々訪れるようになった。
来訪者を歓待する用に、王府は音楽・舞踊などの創作活動を推奨した。
蓄財に支えられた文芸活動の謳歌を極める華やかな時代であった。
※ 薩摩藩の侵攻
13代目国王;尚 寧(しょうねい/1589~1620年)の代になって、国家体制に大きな激震が起きる事になる。
大挙の軍隊を引き連れた薩摩藩に侵攻され占拠された。 (1609年)
以後の琉球王府は、薩摩藩の承諾無しで諸策を進める事が制限された。
薩摩藩の侵攻目的は、琉球國からの蓄財吸い上げと琉球國を介しての中国交易の展開にあった。
薩摩藩は、琉球國の体制を体面的に存続させながら、諸施策を指図して中国との交易を行わせた。
当時の薩摩藩は、中国から交易を断絶されて、藩財政の困窮状態が続いていた。
琉球王府は、拠所としてきた海外交易からの捻出財源を収奪されたうえに薩摩藩への税上納を求められるに至った。
以後、その支配関係が270年間も続けられることになる。
※ 琉球王府の財政逼迫と人頭税制施行
然る後に、琉球王府は財政困窮状態に陥った。
14代目国王;尚 豊(しょうほう/1621~1640年)は、宮古・八重山諸島及び周辺離島に対して【 人頭税制 】を施行した。 (1637年執行)
その制度の税納は穀物で行われたが、後に反物も付加された。
村落の収穫量や住民の身分、性別、年齢によって税の細則等級が決められた。 課税対象者は、15歳から50歳までの全男女に課された。
住民は過重な税負担に苦しむ日常生活に陥るが、特に貧民・病人にとっては余りにも過酷な負担となる重税であった。
この制度は、1903年(明治36年)までの約267年間も続くことになる。
納税に苦しんだ島民の悲劇を記した史書・史跡が数多く現存している。
八月踊りは民間伝承 の 【 国指定重要無形民俗文化財 】である。

浦添市勢理客の獅子舞

美ら島沖縄
     ( 画像; 勢理客の獅子舞 )
勢理客の獅子舞
【 沖縄の祭り 】
沖縄本島/浦添市の『 勢理客の獅子舞 』を探訪しましょう。

〓 浦添市の沿革 〓
浦添市(うらそえ/面積:19.09K㎡ 人口:110,500人余)は
那覇市の北辺に隣接して那覇市から延びる市街化が進んでいる。
南側の那覇市及び北側の宜野湾市(ぎのわん/面積:19.70K㎡ 人口:92,800人余)と連動した沖縄県の核となる市街地帯である。
県内外の主な商工業が集積して都市化現象が顕著である。

〓 琉球史にみる浦添〓
その昔の琉球は、島内各地に勢力を張る豪族達によって分割統治される状態にあった。
勢力拡大を図らんとする、豪族間での争いが絶え間なく起きた。

長期にわたる群雄割拠を繰り返えしているなかで、次第に3大勢力に収束されるようになった。
その3大勢力の統治範囲と本拠地
・ 北部域(北山/本拠:今帰仁城)
・ 中部域(中山/本拠:浦添城)
・ 南部域(南山/本拠:大里城)
統治領域名称を北山中山南山と呼ばれた。 
それを琉球史における時代区分で「 三山時代 」と称している。
1322年頃から1429年まで、三山体制の統治が続いたと伝わる。
なかでも「 中山/本拠:浦添城 」は強大な勢力を保持していた。
三山体制は沖縄本島のみの分割統治であり、宮古や八重山諸島などには及んでいなかった。

★ 三山時代の浦添
中山は、舜天(しゅんてん)を祖する系統、英祖(えいそ)を祖する系統及び察度(さっと)を祖する系統の領主達によって治められた。
うち、英祖と察度系統の領主は浦添城を本拠とした。
浦添城は13世紀頃に築城されていたと伝わる。

三山体制は、しばらくの安寧を維持した。
ところが、
最大勢力を誇ってきた中山が領主:武寧(ぶねい:察度の子息)の代に他領地の豪族:尚巴志(しょうはっし)によって淘汰された。

尚巴志は南山の一区域を居所(佐敷城)とする豪族であった。
中山の領主:武寧が住民に離反する統治を続けて孤立化し、組織的弱体化を招いているのを見計らうや討伐を図り成功をおさめた。(1405年)

尚巴志は中山の領主に父の尚思紹を就任させて、自らは本島統一の段取りに執りかかった。

★ 浦添は琉球王朝発祥の地
尚巴志は1416年に北山を、そして1429年には南山をも手中に収めて本島の平定を果たした。
そして、想い描いた【 統一琉球王國 】を創設した。
王位を頂天とする王朝統治体制を敷設して、その初代国王には尚巴志自らが即位した。(1429年)
まもなく、
王府を浦添(浦添城)から首里(首里城)に移転した。
以降の琉球王國は25代目国王:尚泰(しょうたい/1879年退位)までの長期にわたり王朝時代が続いた。

浦添市の歴史は古く、琉球王朝発祥の地と伝わる。
浦添の名称由来は「 津々浦々を支配する 」の意から転じたとされる。

〓 勢理客の獅子舞 〓
勢理客(じっちゃく/面積:0.85K㎡ 人口:4,500人余)は
浦添市の数ある字区のうちの一区画である。

毎年旧暦8月15日満月の夜に勢理客自治会主催の獅子舞が演じられる。
400年以上の歴史を持つ勢理客の獅子舞は舞の型が13種類もあると云われる。

舞のステージでは、狂言者がドラや太鼓、笛、ホラ貝などで獅子を誘い出して舞わせる。
獅子は、後ろ足で立ち上がったりしてのパフォーマンスを繰り広げるが、その大きく踏み込む足運びの諸動作に特徴があると云われる。

古代の型を変えずに伝承している事が評価されて
国指定重要無形民俗文化財 】 となった。

獅子の素材:
頭は、材質の軽い梯梧(デイゴ)の木で造作
胴体は、シュロ縄を編み、それに芭蕉や苧麻の繊維をシャリンバイで染色して毛にする。

沖縄の獅子舞
獅子舞は古くから県内各地の村落などで豊年祭や厄払いの祈願行事を執り行なう時に演じられる。

豊年祭では第一番目の演目として披露され、座を清めると伴に邪気を払うとされる。
獅子を舞わすことによって悪霊を払い、五穀豊饒を招来して人々に繁栄がもたらされるとされる。
m(*^-^*)m
つぶやき
沖縄音楽でハイサイ彡
代表的な沖縄音楽をエントリー
オンエアーは,選曲⇒GO
停止は,OFFをセレクト⇒GO
〓沖縄の窓〓 
☆沖縄料理教室
☆沖縄体験王国
QLOOKアクセス解析

沖縄BBtv
沖縄発信情報が大人気!
gooRSSリーダーに追加gooRSS

今日のハワイ? TV-Live
セレクト⇒GOで別小窓が開く

つぶやき




RSS
↑無料ダウンロード
コンテンツ連動広告↑申込む

つぶやき
このサイト↓に参加しませんか
凪さの島々へようこそ 上載のコミュニティ広場に登録頂いて友達の輪を広げましょう
Yahoo!ブックマークに登録


おもろの島々

ジオターゲティング

Months Archive

/\(*^o^*)/\

livedoorホームページ
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
更新通知 BlogPeopleへリンク
人気ランキング娯楽部i2iランキング
Subscribe with livedoor Readerこの記事をクリップ!RSS.2Atom
クリックで救える命がある。
人気のクリック課金型広告
リコール製品広報サイト
やせたいあなたを応援!
美味極楽
料理人直伝のレシピ集
WEB魚図鑑
楽しめる魚図鑑
YouTube
2010年中に最も視聴回数が多かった動画の順位
スカイツリー
ウェブカメラ↑で映像中継
設計者: 日建設計のサイト
施工者: 大林組のサイト
Google
生活に役立つ機能
819jpをフォロー
ON/OFFは手動
私のテラス
おでかけっくす
旅行・観光情報

◎体のツボを教えます
日々是好日
音楽のページ
水族館
フジTV提供のコンテンツ
地引き網も楽しもう!
JAX
マクロミルへ登録

BBS7.COM
MENURNDNEXT
blogram投票
BlogPeople

ライオンのラクトフェリン

トラフィックゲイン
SEO:ランキング
リンク集
Google

Yahoo! JAPAN


Welcome!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Cell_QR
QRコード
  • ライブドアブログ